初めまして、みーやです(^^)。日々の徒然に起こる(起こす?)ことを書いていきたいと思います。


by miyayantai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

猫たちの行方・・・

この時期は、我が家もリフォームでしたが、先日お知らせしたように、
隣の畑(猫達の憩いの広場・私命名)の工事も同じようにされておりました。

つか、隣の畑。無くなるの、早かったです。

5日に工事があるよーって聞いて、翌日に測量屋さんが来たよーって聞いて、
しばらく音沙汰無く過ごしてて、工事はいつからなんだろーねーと言っていたら、
翌週月曜日、朝っぱらから重機がやって来まして、ああ、今日からなんだーと
思いながら仕事に行って、帰ってきたら、更地になってました(笑)。

や、・・・ビックリしました。つか、驚愕っ!!

確かにモノは畑ですので、撤去するのは植わっている木や作業小屋くらいですが、
半日かからず、うっそうと生い茂っていた緑が、ただの土むき出しの更地になってると、
自分浦島太郎状態ですよ。なにがあっただっ?!って感じ。
や、仕事が速いのは結構だけどね。何もない地面を見るのは、ちょっとツラい・・・。
(勿論、土むき出しの地面を見ると、ちょっと何か落ちてないかと石を探してしまう私は、
 コッソリと中に入っては見ましたが←バカ)

家が建つのは、今はとても早いので、工事が始まるまでのつかの間の休息状態です。

工事の間、ココを遊び場にしていた猫ちゃん達の姿、見ておりませんでしたが、
先日、やっと黒ちゃんを見ましたよ。あの、細胞分裂した黒ちゃんの内の、どちらかです
畑の横の側溝の中で、畑を見上げて佇んでいました。
彼女(多分)は、何を思っていたのでしょう。しばらく佇んで、でも、変わり果てた姿の
元畑には入らず、ゆっくりと、行ってしまいました。
・・・彼女(多分)は、何を思ったのでしょう。いつもお昼寝していた場所が無くなっている。
木登りしていた丁度良い高さの木が無くなっている。日差しや雨を遮ってくれる
生い茂った木々が無くなっている・・・。
一歩も、畑に入らず立ち去った彼女(多分)の姿に、胸が痛くなりました。
どーすることも出来ないもどかしさを感じずにはいられませんでした。

でもって、その後、黒ちゃんは見ていないのですが・・・。
本日は、白黒ちゃんを見ました(らみの子達・参照)。
彼女は私に気付き、ちょっと立ち止まり、そして、お向かいの和風のお宅の
隣にある畑(コッチは、じぃさんはまだ元気そう)に、するりと入っていきました。
友人は、2005年版トラちゃんも、そこで見たらしいです。
みゅ、まだ、猫達は、私の近所で元気に過ごしているよーです。
・・・ちょっとダケ、一安心・・・かな?(^^)。
[PR]
by miyayantai | 2008-06-17 23:44 |

超ショックなこと!

我が家の隣には、どこぞの金持ちのじぃさん(野良仕事にセルシオで乗り付ける)が
やっている畑があるのですが、そこに家が建つとの報告を、本日聞いてしまいました。
マジでっ?!
なんでも、じぃさんが病気で倒れたとか死んだとかで(どっちでもいいんだ、そんなコトは)、
売ったんだそーデスよ。でもって、早々に不動産屋が家を建てる算段をしたんだとか。
じょーだんじゃないっ!(拳)。
その畑。
私のBLOGを長年読まれて下さっている方々ならばご存じだと思いますが、
猫たちの憩いの広場(私、勝手に命名)なんですよ。
広い畑を猫たちが、こけつまろびつして、遊んだり木に登ってお昼寝したり、
じぃさんの畑の作業倉庫(多分ワラが沢山詰まってる)の中で暑さ寒さや
雨露をしのいだり、・・・もしかしたら、命をはぐくんだり・・・。

そーゆーコトをする場所なんですよっ!くわっ!(力説)。

なんで売っただ、じぃさん。もしくはその親族っ!
じぃさんが畑仕事が出来なくなったのなら、お前らが責任を持って、
じぃさんの大事にしていた畑を守って見せろよなっ!
故人の遺志を継ぐのは遺族の努めなんじゃねぇのっ?!(注:じぃさんの生死は不明)。

あああ、ショック。猫が、猫の畑が・・・。
じぃさんは性格がとてもよろしくない(因縁がある)ので大嫌いなので、どーでもいいけど、
畑が、畑だけは、残って欲しかった・・・。
この畑が無くなると、猫たち、どこに行くんだろう・・・。
ウチの前の和風の家と、その隣の畑しか、この辺りに緑の多いとこって、無いよ。
いや、あるけど、あくまでも私の家の周りって意味でだけど(^^;。

らみちゃん、今年は来ないです。
昨年生まれた白黒ちゃんが近頃、隣の畑でよく見かけるけど、らみがいないと、
やはり第二世代になると、彼らだけでは私に近づいては来ないんだな。
私も、彼らだけでは餌をあげたりしないから・・・。

ああ、でも、この猫たち・・・。どーするんだろう?
朝起きて、台所側の窓の外がその畑なので、朝ご飯作りながら、猫たちが畑の中で
ウロウロしたり、作業小屋の屋根の上で毛づくろいしてるを見たり出来ていたのに・・・。
もぉ、それも出来なくなるんだなぁ・・・。
そー思うと、とても悲しい・・・。悲しすぎるよ!(T-T)。
猫たちの安住の地だったのに。この辺りの猫たちの憩いの広場だったのに。
ああ、猫・・・。ショック激しすぎ・・・。

この畑で、らみと出会って、この畑で、らみの仔猫を救出(深夜の仔猫救出事件)して、
この畑で、らみの仔猫たちは大きくなって、いつの間にか、ココが住処のように
ふらりと訪れては遊んでいく、そんな場所になっていたのに・・・。

あああ、ゆるせんっ!(拳)。
売ったじぃさんも許せんが、家を建てようと思った不動産屋も許せんっ!(拳)。
猫はどーするんですか、猫はっ!!断固、反対っ!!!
つか、この辺り、既に住宅街だよ、もぉ家ばっかりなんだから、
これ以上、家建てなくてもいいじゃんかっ!
猫の住処の方が大事だろ?!(絶対)。緑の畑がある方が大事だろっ!(それは絶対)。

ああ、ショック・・・。
どうか、どうか隣に家が建って、引っ越してくる家の方々が、猫好きでありますよーに。
けっして、犬なんか飼っていませんよーに。いつでも猫たちが庭を横切って
平気な方々でありますよーに・・・。祈らずにはいられません。
出来れば、コンクリやタイルで舗装した庭なんか造りませんよーに。
土むき出しか、猫たちがお昼寝できる芝生の庭を造ってくれる家でありますよーに。
・・・いや、本気で、そー思うよ。それくらいしてもらわんと。

先住者優先権は、コッチ(猫たち)にあるんだからね!(真顔で)。
[PR]
by miyayantai | 2008-06-05 23:27 |

同化してるからっ!

f0092389_15141176.jpg
サラですにゃ。

部屋の真んにゃかに置いてある、このまあるいクッションは、
アタシのお昼寝場所の一つにゃんだけど、今日、お昼寝してたら、
あのドカドカ歩く品の悪いニンゲンに、思い切り踏まれちゃったのにゃ!(怒)。
もー、信じらんにゃいにゃ!(爪)。
しかも、アタシがいるのが見えにゃかったとか言うんだにゃ、アイツ!
頭も悪いなら目も悪いにゃ!ホントに、バッカじゃにゃいのかにゃっ?!シャー!!(牙)。

・・・ええっと、猫踏んじゃった、頭も目も品も悪いドカドカ歩くニンゲンです(;_q))クスン。

詳細はサラさんの言う通りです。はい。
サラさんがお昼寝してるの、全く気付きませんでした。
部屋を横切ろうとして、クッション邪魔だからそのまま踏み越えていったら、
ぎゅむっ!と、なんか明らかにクッションじゃない足触りがしたことですよ・・・(遠い目)。

つか、そんなトコに寝てるのが悪いとは、けして言いませんが、
ご覧になって分かるとーり、クッションの色とサラさん、あんまり区別が・・・。
どちらも結構薄汚れてるトコとか、ほとんど同じじゃないかと思うんですが?
境界線、どこよ、サラさん? キミの躰にクッション、くっついてるぜ。みたいな?
これじゃー踏まれても仕方が・・・いや、それは、なくないか(ーー;)。

ゴメン、サラさんm(__)m ←平謝り。

ちゅーか、白は汚れが目立つよな・・・。そろそろ、どちらも洗濯時か?ドキドキ。
[PR]
by miyayantai | 2008-06-01 15:12 |