初めまして、みーやです(^^)。日々の徒然に起こる(起こす?)ことを書いていきたいと思います。


by miyayantai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あらしの夜に♪

f0092389_172023.jpg
・・・・・・・・・らみちゃん、・・・・・・誰、この子達?(ーー;)。

北部九州地方、台風が来ておりましたもので、らみちゃんの避難用にと
家の前の駐車場と駐輪場の間の隅に、隣家のオバサンに見つからないように
こっそりとダンボールを設置しておいたのですが、本日見てみますと、
その中に仔猫が2匹入っております!つか、らみも入ってるけど、仔猫も入ってるっ?!
えええ?どーゆーことっ?!
いくら、らみちゃんがご懐妊中だったからと言って、もぉ産んじゃうのは早すぎです!
つか、どー見たって、仔猫たち生後1ヶ月は経ってます!!

あっあんた達、誰?!

真っ黒な仔猫と、白黒牛ガラ仔猫の二匹。どこから来たのかは謎です。
ご近所で見たことがない子達。つか、なんであんた達、らみと一緒にいるの?
らみちゃん、どーしてこの子達に餌を分けてあげてるの?
なんで一緒にダンボールの中に入ってるの? 猫団子になって寝てるのっ?!
可愛いから良いけど、写真が上手く撮れなかったから、も一回して欲しいけど、
そーじゃなくて、ビックリしたよ、私。かなり朝っぱらから驚いたよ、私。

らみとの出会いは、こんな土砂降りの雨の中でした。
当時のらみが、今のこの子達くらいの大きさで、産まれたばかりの野良ちゃんで、
一寸先もけぶる怒濤の雨の中を、ヨロヨロしながら隣家の畑のイチジクの木の下に辿り着き、
震えながら雨宿りをしていたのです。その姿をフェンス越しに見つけた私が、
「ニャー」と鳴き、彼女と目を合わせ、一瞬身体を硬直させた彼女に
「そんなとこじゃ濡れるだろ。何もしないから、こっちに来い」と声をかけると、
彼女は迷わず立ち上がり怒濤の雨の中を、真っ直ぐに私の元へとやってきたのですよ。
心が通じたと、その時、私はかなり感動したのを覚えております。
それに、彼女はけして人間を恐れない媚びた仔猫ではありませんでした。
仔猫でありながらも、常に私への警戒を怠らない野良猫然とした野良ちゃんでした。
それなのに、その時は、迷うことなく私の側に来た。
私には、その時の彼女の姿は、懸命に生きようとする命そのモノのように見えたんですね。
生きることに前向きで、生きる為なら人間の側にも来る。
この人間は信用できるかどうかを瞬時に判断を付けられる、そんな賢い子であると。
らみちゃんは、そんな子なんです。
・・・未だに、これだけ親身にらみちゃんの世話をしてあげてるのに、私の顔見ると
彼女は「シャー」と威嚇音を発しますしね(苦笑)。未だに触らせてくれませんし、
一昨年に仔猫を4匹も産んだ彼女の仔猫たちが巣立つまで世話もしてやったのに、
病院に連れて行こうとした途端、行方をくらませるのですよ←それは当たり前か(笑)。

その賢いらみちゃんのことです。この二匹の仔猫たちも、もしかしたら、
らみちゃんが見かけ、いい餌場があるからと、ここに連れてきたのかもしれません。
もし、そうであるなら、本当にらみちゃんは賢くて、優しい子であると思うのですが・・・。

仮説として、・・・。
実は、この子達は、らみちゃんの子で、実は、らみちゃんはご懐妊中ではなくて、
もはやどこかで子を産んだ後で、あの日やつれ果てていたのは、産後で、
やっと動けるようになってからやって来たからで、ここで子供を産まなかったのは、
去年(ゆるすまじ)黒猫のジジに追い払われたからで、実は仔猫たちは
どこか別のトコにいて、手が掛からなくなったから餌を取りにココまで来た、とか?
でもって、本日は、この怒濤の雨の中じゃ住処との往復が出来ないから、
仔猫たちも連れてきた?・・・とか、ね?・・・思わないことも、ないんだなぁ~~~。

う~ん、それは、ちょっと、大いに納得いきそうだけど、・・・なんか、寂しい(;_q))クスン。

どーだろう?
[PR]
by miyayantai | 2007-07-14 21:45 |
f0092389_1414556.jpg
らみちゃんがやって来ました。
私と彼女の出会いは、彼女が仔猫の時ですので、もはや何年前のことでしょうか?
去年の日記を見てみますと、2003年と書いてありますので、もはや4年目?
凄いですねぇ、彼女は。年に一度、この時期になるとやってくる。
※らみちゃんとの出会いの詳細は、コチラ→(去年の日記、らみちゃん、またまた

f0092389_1414535.jpgf0092389_14142096.jpg









昨年やって来た時も、その前にやってきた時も、お腹が大きくなってからやって来た彼女に
今年もそうなのでしょうと、早速サラちゃんのご飯を山盛りにして出して上げましたら、
食べる食べる。見てるコッチが驚くほどの食べっぷりです。よほどお腹がすいてたんでしょう。
つか、かなり今回は面やつれをしておりますよ。左目も目やにで目が開けにくそうです。
何があったのかは分かりませんが、流石は野良様。過酷な生を生きているのでしょうな。
だいたい、私、彼女の普段のテリトリーを未だに知りません。
一年に一度、ふらりとやって来る時以外、彼女を見かけたことがないのです。
それを思うと、一体、どれほど遠くからココまでやって来ているのか・・・。
ガフガフと音を立ててご飯を食べる彼女を見ながら、思わずホロリとしてしまいます。
f0092389_14172031.jpg
でもって、お腹がくちくなりますと、やはり彼女はゴロリと駐車場の端っこで横になります。
お腹を見てみますと、やっぱしご懐妊中のようですな♪
昨年は、あの日にやって来て、しばらくいたのですが、その頃近所を徘徊していました
半野良の黒猫のジジちゃん(私・命名)にて、なにやら縄張り争いで負けたらしく
ココで子育てをすることなく数日で姿をくらましたんですよね。
勿論、その後ジジには私の方から、きつ~く言い聞かせておきましたが!(ふるふる)。
思い出しても、ジジ、ゆるすまじっ!家猫のくせに野良の縄張りをとる子は許せません!
大たい、ジジは私の家の前で他の子と喧嘩とかもするので、尚更許せません。
お前のテリトリーは、絶対に、ココじゃねー!とか思います。いや、ホントにそーでしょう。

今年こそは、可愛い仔猫ちゃん達を沢山見れるように、余所の子が近づかないよう、
住み心地の良い空間にして上げたいと思いますな。可愛い子達が、沢山生まれますように♪
[PR]
by miyayantai | 2007-07-07 20:59 |

白き毛皮の女王様ニャン

f0092389_18222916.jpg
各方面の皆様方に多大なるショックを与えた濡れ猫サラちゃんでしたが、
今ではすっかり乾きまして、辺りによい香りをふりまく真白猫サラちゃんです♪
思わずムンズと捕まえて頬を擦り寄せスーハースーハーしてしまいます。
ああ、良い香り♪←ヤメレ(ーー;)。

でもって、サラちゃんの濡れ濡れ写真が、あまりにも衝撃だったようですので、
お詫びに綺麗になったサラちゃんの美しい写真でも撮ってみようと思ったのですが・・・。
あまりに白いので、写真に撮るとドコまでがサラなのかの判別が・・・(^^;。

う~ん、サラちゃん、ちょっと白すぎデスよ。

「勝手なこと言ってるニャ。アタシは別に洗って欲しいなんて言ってないニャ。プンプン!」

・・・ごもっとも(;_q))クスン。
[PR]
by miyayantai | 2007-07-04 22:19 |

サラちゃんゴシゴシ

f0092389_11324939.jpgあまりにも薄汚れてまいりましたので、
サラちゃんを洗濯してみました。

・・・キミ、誰?(ーー;)。

普段の柔らかく長い毛足も、濡れそぼってしまうと一気に貧相。
見違えるようなヤラレっぷりに、思わず憐憫の情すら湧いてしまいます(;_q))クスン←お前がやってるんだって。
f0092389_11363333.gifでも、すっかり乾いたらば、このとーり♪
本来あるべき姿の、純白の美しいサラちゃんに戻りましたとさ。

「ニョホホホ、コレが私の本当の姿ニャよ♪」

サラちゃんもご満悦です。
只今、シャンプーの良い香りを撒き散らしながら、
部屋中を(抗議の)疾走をしておりますよ。

めでたしめでたし。
[PR]
by miyayantai | 2007-07-02 21:29 |