初めまして、みーやです(^^)。日々の徒然に起こる(起こす?)ことを書いていきたいと思います。


by miyayantai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0092389_14585653.jpg
はい、お正月気分も昨日で終わり、本日からは平常勤務です。
黙々と仕事をこなしつつ、隙を見てはダラダラとブログを書く生活に戻りますよ、私(笑)。
今年も気合いを入れて、頑張りましょうね、皆様!

のんびりまったりしつつも気合いダケは入れる。意気込みダケは持つ。
志は、常に高くね♪
今年も張り切ってまいりましょ~!オー(^^)/。


「今年も、よろしくニャ~♪」 by サラ
[PR]
by miyayantai | 2007-01-09 21:06 |

サラと寝正月

f0092389_14462167.jpg
ウトウトとした明け方、脇の下に感じる仄かな温もりに、起きた瞬間に癒される。
そぉっと布団を捲って覗いてみると、黒目の多い大きな瞳が、僕を見上げた。
と、同時に、喉を鳴らす微かな振動が、彼女が体をもたげている僕の腕に伝わってくる。
「もぉ、起きるの?」
戸惑う視線が、そう言っている。
そのつもりで目を開けたんだけれど、そんな顔して見られたら動くに動けない。
もう少しダケ、このままでいようかなと思ってしまう。
彼女を驚かせないように、そっと枕元の携帯電話を取り上げて、時刻を確認する。
・・・正月休みは今日までだ。まだ寝ていても良いか。
それに、彼女がピクリとも起きあがろうとしないところを見ると、この部屋の外は
思い切り寒いんだろうしな。
「いいよ、もう少しダケ、このままでいよう」
声には出さずに呟いて、そっと微笑んでやると、彼女は、ゆっくりと目を閉じた。
喉の奥から聞こえる細かなゆっくりとした音と、暖かな吐息。
お互いの存在を確かめるように、柔らかくて小さな手が、僕の身体をくすぐった。
ふわサラとした、すべらかな毛の感触が気持ちいい。

良い子だね、・・・サラ。

そうして、僕も目を閉じる。
もはや全く眠くはないのだけれど、サラがこうしていたいと言うのなら、このままでいい。
いつまでも、このままでいよう。僕は、君の気が済むまで、ココにいてあげるから。

f0092389_15154148.jpg
ちなみに、布団の中のサラちゃんの様子です。
右腕をサラに枕にされております故、左腕で布団を持ち上げつつ、携帯の画面を見ずに
左手で撮影しておりましたので、都合バシャバシャと何枚も撮影してしまいました。
なもんで、「もぉ、いい加減にしなさいよっ!」とか、ちょっとムッとされておりますね。
はい、スミマセンです(^^;。
[PR]
by miyayantai | 2007-01-03 08:43 |