初めまして、みーやです(^^)。日々の徒然に起こる(起こす?)ことを書いていきたいと思います。


by miyayantai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

超ショックなこと!

我が家の隣には、どこぞの金持ちのじぃさん(野良仕事にセルシオで乗り付ける)が
やっている畑があるのですが、そこに家が建つとの報告を、本日聞いてしまいました。
マジでっ?!
なんでも、じぃさんが病気で倒れたとか死んだとかで(どっちでもいいんだ、そんなコトは)、
売ったんだそーデスよ。でもって、早々に不動産屋が家を建てる算段をしたんだとか。
じょーだんじゃないっ!(拳)。
その畑。
私のBLOGを長年読まれて下さっている方々ならばご存じだと思いますが、
猫たちの憩いの広場(私、勝手に命名)なんですよ。
広い畑を猫たちが、こけつまろびつして、遊んだり木に登ってお昼寝したり、
じぃさんの畑の作業倉庫(多分ワラが沢山詰まってる)の中で暑さ寒さや
雨露をしのいだり、・・・もしかしたら、命をはぐくんだり・・・。

そーゆーコトをする場所なんですよっ!くわっ!(力説)。

なんで売っただ、じぃさん。もしくはその親族っ!
じぃさんが畑仕事が出来なくなったのなら、お前らが責任を持って、
じぃさんの大事にしていた畑を守って見せろよなっ!
故人の遺志を継ぐのは遺族の努めなんじゃねぇのっ?!(注:じぃさんの生死は不明)。

あああ、ショック。猫が、猫の畑が・・・。
じぃさんは性格がとてもよろしくない(因縁がある)ので大嫌いなので、どーでもいいけど、
畑が、畑だけは、残って欲しかった・・・。
この畑が無くなると、猫たち、どこに行くんだろう・・・。
ウチの前の和風の家と、その隣の畑しか、この辺りに緑の多いとこって、無いよ。
いや、あるけど、あくまでも私の家の周りって意味でだけど(^^;。

らみちゃん、今年は来ないです。
昨年生まれた白黒ちゃんが近頃、隣の畑でよく見かけるけど、らみがいないと、
やはり第二世代になると、彼らだけでは私に近づいては来ないんだな。
私も、彼らだけでは餌をあげたりしないから・・・。

ああ、でも、この猫たち・・・。どーするんだろう?
朝起きて、台所側の窓の外がその畑なので、朝ご飯作りながら、猫たちが畑の中で
ウロウロしたり、作業小屋の屋根の上で毛づくろいしてるを見たり出来ていたのに・・・。
もぉ、それも出来なくなるんだなぁ・・・。
そー思うと、とても悲しい・・・。悲しすぎるよ!(T-T)。
猫たちの安住の地だったのに。この辺りの猫たちの憩いの広場だったのに。
ああ、猫・・・。ショック激しすぎ・・・。

この畑で、らみと出会って、この畑で、らみの仔猫を救出(深夜の仔猫救出事件)して、
この畑で、らみの仔猫たちは大きくなって、いつの間にか、ココが住処のように
ふらりと訪れては遊んでいく、そんな場所になっていたのに・・・。

あああ、ゆるせんっ!(拳)。
売ったじぃさんも許せんが、家を建てようと思った不動産屋も許せんっ!(拳)。
猫はどーするんですか、猫はっ!!断固、反対っ!!!
つか、この辺り、既に住宅街だよ、もぉ家ばっかりなんだから、
これ以上、家建てなくてもいいじゃんかっ!
猫の住処の方が大事だろ?!(絶対)。緑の畑がある方が大事だろっ!(それは絶対)。

ああ、ショック・・・。
どうか、どうか隣に家が建って、引っ越してくる家の方々が、猫好きでありますよーに。
けっして、犬なんか飼っていませんよーに。いつでも猫たちが庭を横切って
平気な方々でありますよーに・・・。祈らずにはいられません。
出来れば、コンクリやタイルで舗装した庭なんか造りませんよーに。
土むき出しか、猫たちがお昼寝できる芝生の庭を造ってくれる家でありますよーに。
・・・いや、本気で、そー思うよ。それくらいしてもらわんと。

先住者優先権は、コッチ(猫たち)にあるんだからね!(真顔で)。
[PR]
by miyayantai | 2008-06-05 23:27 |